蚯蚓φ ★ 2018/09/25(火) 20:58:03.15



    ▲北野武のサインにお礼をしたインスタグラム(別ソース:ディスパッチ)


    ▲グループiKON(アイコン)のク・ジュンフェ

    グループiKON(アイコン)のク・ジュンフェがSNS論議を直ちに認め謝罪した。鋭敏な問題に再度謝罪文を掲載してより大きくなりかねない災いを防いだ。

    ク・ジュンフェは最近、自身のSNSに日本のコメディアン兼映画監督北野武(キタノ・タケシ)関連掲示物を掲載した。

    キタノ・タケシは1974年、コメディアンとしてデビューし俳優、映画監督など多方面で活動した。しかし、彼は嫌韓発言で数回物議をかもしたし、器物破損、住居侵入容疑で法廷にも立ったことがある。

    これにク・ジュンフェのファンは該当掲示物に「キタノ・タケシには嫌韓論議がある。頼むから関連文をみな削除してくれ」という文を残した。

    最近、嫌韓発言および韓日歴史関連問題が毎回論議の中心になったりするだけに、ク・ジュンフェを思う心から出た発言だった。しかし、ク・ジュンフェは「ああしろこうしろと言うな。嫌いだ」とコメントを残して論議は大きくなった。

    一部では嫌韓発言をした映画監督の掲示物を上げた後、ク・ジュンフェの反応が軽率で適切でなかったという指摘が出て、ク・ジュンフェは直ちに論議を認め該当掲示物を削除した。

    その後、彼は「好きな俳優なので他の情報を知らなかった。ファンたちが友達のように気楽に話しあったことがこんなことになるとは思わなかった。本当に申し訳ない。次からは慎重にコミュニケーションする。心配をおかけして申し訳ない」という文を残した。
    (後略)

    ソース:朝鮮日報(韓国語) ク・ジュンフェ、SNS論議に直ちに謝罪+反省…より大きな災い防いだ
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/09/25/2018092500940.html


    【グループ「iKON」のク・ジュンフェ、嫌韓発言した北野武のサインをSNSにアップして物議~直ちに削除し謝罪+反省】の続きを読む

    動物園φ ★ 2018/09/25(火) 14:20:25.53

    Record china
    配信日時:2018年9月25日(火) 11時10分

    10月のノーベル賞受賞者発表を前に、米情報会社クラリベイト・アナリティクスが20日、ノーベル賞有力候補17人を発表した。韓国・ニュース1は同日、「惜しくも韓国人は1人もいない」と報じた。

    ただ同記事は、基礎科学研究院(IBS)の多次元炭素材料研究団長も務める蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)のロドニー・ルオフ教授が候補に入ったことを詳しく紹介している。

    同社は2002年から毎年、論文の引用数などを分析し、ノーベル賞候補者を発表している。昨年までに発表した候補者のうち46人が実際に受賞しているという。

    過去に韓国人が候補に挙がったのは2014年と2017年のそれぞれ1人ずつだ。

    この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「国民のほとんどが1年に1冊も本を読まず、子どもたちの将来の夢は芸能人、という国だ。当然じゃないか?」「高校の先生は就職のことばかり考えて受験生に指導している。そんな国でノーベル賞を期待するなんて」などの声が上がっている。

    また、記事では日本人で候補に選ばれた金久実・京都大化学研究所特任教授についても詳細に報じていることから、「日本はアジア唯一の先進国。日本から学ぶことは多い」という声や、「我々は相手にもなってないのに、日本のことを気にしすぎだ」という声、さらには「暗記式教育の元祖は日本なのに、アジアのノーベル賞最多輩出国だ。教育の方法ではなく、質の問題だ」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

    https://www.recordchina.co.jp/b646771-s0-c30-d0144.html



    【米社発表の今年のノーベル賞予想、韓国人はゼロ=「日本を気にしすぎ」の声も】の続きを読む

    動物園φ ★ 2018/09/25(火) 14:21:26.81

    Record china
    配信日時:2018年9月23日(日) 21時10分

    2018年9月20日、韓国・ハンギョレによると、韓国内で開かれたある行事で「皮を剥がれた牛の死体」が供物として扱われ、物議を醸している。

    物議を醸しているのは、忠清北道(チュンチョンブクト)忠州(チュンジュ)で日光曹渓宗が主催・大韓仏教曹溪協議会が主管して9日に行われた「2018年水陸大災国泰民安祭り」。翌日10日からの世界消防官競技大会の安全と忠州市の経済発展などを祈願するという趣旨で開催されたものだ。しかし祭りでは、午前9時に「頭からつま先まで皮を剥がれた牛の死体」が供えられ、午後6時の祭り終了まで展示されたことに対し、市民らから非難が殺到したという。

    記事は、皮を剥がれた牛の死体が祭壇に上げられた理由に関し、同祭りを企画した日光曹渓宗の総務僧へのインタビューの様子を伝えている。僧侶は「巫女に行事の一部を任せたが、このような状況が起こるとは思わなかった」とし、「巫俗の行事では供物が欠かせないと聞いている。(仏教の殺生禁止に関連して)当該牛は捕まえたものといううわさが出回っているそうだが、屠畜場で屠畜したもの。それを肉ではなく、供物と見ただけ」と説明した。なお、仏教行事に巫女らが参加した理由については「(巫女が)日光曹渓宗と関係ないわけではないが、個人的に活動する人々」と話したという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「むごたらしい」「おかしいんじゃないの?こういう人たちは宗教を口実にした詐欺師。市の職員らもしっかり公務を遂行して」「仏教では不殺生が一番の戒律」「これが韓国仏教の現実…。巫女と手を組んだ仏教界?」「巫女には動物の供え物を使わない所もある」「動物の肉を食すのは仕方ないけど、最低限の尊重はすべき」など非難が相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

    https://www.recordchina.co.jp/b646416-s0-c30-d0127.html



    【韓国の祭り、「皮を剥いだ牛」を供え物として展示し物議=ネットで非難の嵐】の続きを読む

    このページのトップヘ