サイカイへのショートカット ★ 2018/07/07(土) 03:10:26.27

    60年ほど遅れたが…韓国型ロケット、10月の試験発射前の燃焼テスト成功
    2018年07月06日08時55分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/949/242949.html?servcode=300&sectcode=330

    韓国型ロケットの推進機関総合燃焼試験が5日、羅老宇宙センターで行われた。



    5日、全羅南道高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターに轟音とともに炎が上がる。センターが位置する「外羅老島(ウェナロド)」は終日、海霧がかかっていたが、炎は鮮明に見え、白い煙は数十メートル上空まで上がった。
    韓国航空宇宙研究院(以下、航宇研)が初めて独自で開発中の韓国型ロケット「KSLV−II」の推進機関総合燃焼試験に成功したのだ。

    今回の総合燃焼試験は今年10月に予定されている試験ロケットの飛行試験前に行われる最後のテストだ。これで韓国は独自の宇宙ロケット打ち上げ成功にさらに一歩近づくことになった。

    この日の総合燃焼試験はKSLV−IIの本発射に向けた「試験ロケット」発射テストに備えるためのものだった。
    本試験を控えて模擬試験を成功させるための準備ということだ。航宇研のオ・スンヒョプ発射体推進機関開発団長は「5月と6月の試験ではそれぞれ30秒、60秒間の推進機関燃焼試験が成功した。
    今回の3回目の試験では実際の飛行時間の140秒を超える154秒間エンジンを稼働した」とし「これを通じて燃焼性能だけでなくロケットの方向を制御するなど関連技術も総合的に検証した」と明らかにした。

    この日、一時は危機もあった。発射の全過程がコンピューターで自動検証される「自動シークエンス」プログラムを使用するため、小さな問題でも見つかればテスト過程が自動終了する。このため午後3時に予定されていた試験が2時間ほど遅れたりもした。

    結局、燃焼試験は成功し、10月には今日テストした75トン級エンジン1基を搭載した試験ロケットが空を飛行することになった。
    これも成功する場合、75トン級エンジン4基を束ねた「クラスタリング技術」を開発し、計300トン級エンジンで韓国型ロケットが最終的に打ち上げられる予定だ。
    2021年2月と10月の2回の打ち上げを目標にしている。

    ロシアが多くの技術を提供した「羅老」とは違い、国内の技術で開発される韓国型ロケットKSLV−IIの最終目標は、1.5トン級アリラン人工衛星を地上600−800キロの地球の低軌道に乗せることだ。
    従来の羅老が重量100キロの衛星を300キロ上空の軌道に乗せる性能であることを考慮すると、KSLV−?はより重い人工衛星をより高い軌道に乗せることができる何よりもこのプロジェクトが成功する場合、国内の技術で衛星を打ち上げることができるという大きな意味がある。

    しかし容易なことではない。1957年にロシアが人類初の人工衛星「スプートニク1号」を打ち上げてから62年が経過したが、まだ韓国は独自の技術で打ち上げに成功したことがない。
    2009年から13年にかけて3回の挑戦の末に打ち上げた羅老も、ロシアのフルニチェフ社が開発した「アンガラ1.1」ロケットが完成品に近い形態で提供された。
    2段で構成された羅老の1段目全体がロシアの技術で提供されたのだ。

    韓国型ロケットは全3段階の事業で構成されている。
    計1兆9572ウォン(約1950億円)の予算が投入された。このうち5008億ウォンが投入された第1段階の事業はすでに完成した。3段分離するロケットの最後の分離段階であり、人工衛星を軌道に乗せる最終役割をする7トン級液体エンジン開発および燃焼試験を通過した。
    同じ原理で作動する75トン級液体エンジンも5月17日と6月7日、そして今月5日までに3回の試験をすべて通過したことで、最後の第3段階事業であるクラスタリング技術開発段階に移ることになった。

    オ団長は「今回のテストは試験ロケット飛行テスト段階前の最後の試験であるため、飛行姿勢制御、電子装備、燃料などすべての条件が試験ロケットと同じ状態で行われた」と説明した。


    【60年ほど遅れたが…韓国型ロケット、10月の試験発射前の燃焼テスト成功】の続きを読む

    ガラケー記者 ★ 2018/07/07(土) 17:52:54.25

    韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本より韓国のコンビニの方がおいしい食べ物」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの注目を浴びている。

    スレッド主が写真付きで紹介したのは「おにぎり」。特に韓国のコンビニのおにぎりについては断面の写真も掲載し、「具の多さ」をアピールした。スレッド主は日本のコンビニのおにぎりも期待して食べたそうだか「(まずくて)捨ててしまった」と伝えた。

    スレッドには、「最近韓国のおにぎりがおいし過ぎてびっくり」「韓国のおにぎりの壁は超えられまい。日本のはおいしくない」「日本のおにぎりを一口食べてみたけど、自分の口には合わない」と同調する声が寄せられた。

    ただし「日本のおにぎりおいしかったよ?」「私も!特にツナは韓国よりずっとおいしかった」「照り焼き卵がお気に入り。韓国のおにぎりはまずい」「のりも断然日本の方がおいしい」など反論の声も多くあつまった。どちらかと言えば“日本派”がやや優勢のようだ。
    Record china
    2018年7月7日(土) 17時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b620474-s0-c60-d0127.html



    【【日韓コンビニのおにぎり対決】韓国ネットの判定は?「韓国の壁は超えられまい」VS「のりは断然日本がおいしい」】の続きを読む

     2018/07/07(土) 07:38:21.82

    (関連写真)




    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国の広報活動に取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が7〜28日に中国・上海の韓国文化院で、広報コンテンツとともに25年の活動を振り返る展示会「大韓民国広報展」を開く。上海を皮切りに、世界の主要都市でも開催する計画だ。

    徐氏はこれまで、独島や東海、旧日本軍慰安婦、日本による植民地支配時代の強制徴用などの問題を訴える広告をニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ウォール・ストリート・ジャーナルといった米有力紙に掲載したり、米ニューヨークや英ロンドンの繁華街、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)が開かれるスイス・ダボスなどで韓国料理、ハングルをはじめとする文化コンテンツを紹介したりしてきた。
     
    広報展のテーマは「Watch(目撃)」。7日午後3時から開幕式を行う。徐氏は文化番組の司会として活躍する趙洙彬(チョ・スビン)KBSアナウンサーと韓流文化についてトークする。
     
    徐氏は6日、聯合ニュースに、「グーグルやユーチューブなど世界中の人たちが見るサイトに掲載した広報コンテンツと、フェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)を活用した広告もお見せする」と述べた。来年の2019年は、植民地時代の「三・一独立運動」と上海での「大韓民国臨時政府」発足から100年を迎えることから、上海の韓国文化院展示が特別にこうした場を設けたと説明した。
     
    同文化院のソ・ドンウク院長は「上海は韓国の独立運動の象徴で、歴史的にも大変縁が深い都市。この展示が中国人にわれわれの文化と歴史を知ってもらう契機になれば」と語った。

    ソース:朝鮮日報/ソウル=聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/06/2018070601024.html


    【【徐敬徳】慰安婦問題広報など四半世紀・・・韓国人教授あすから上海で特別展】の続きを読む

    このページのトップヘ