豆次郎 ★ 2018/09/24(月) 13:11:52.38

    2018/09/24 05:02

     チェ・ジョンチャンさんは2016年3月23日午後6時ごろ、ソウル地下鉄9号線に乗って会社から家に帰る時、携帯電話で米大リーグ関連ニュースを検索していた。

     すると、ソウル地方警察庁地下鉄捜査隊所属の警察官2人がチェさんの腕をつかみ、「密集地域わいせつ容疑で逮捕する」と言った。「(チェさんが)性器を女性客の臀部(でんぶ)に押し当てているのを目撃し、動画を撮影した」と言われたが、女性客は気づいていなかった。警察が事情を説明すると、女性客は「話を聞いてみたら、そうだった(痴漢された)ような気がする」と言った。チェさんは2017年6月に一審で無罪を受けたのに続き、今年1月の二審でも無罪判決を受けた。「(チェさんが)性器を被害者の臀部に押し当てた」と主張していた警察は、法廷で「地下鉄が出発する時に触れたのではないかと疑いを持った」と言った。現場で撮影したという動画は「1分間撮影したが消した」とのことだった。

     チェさんは周囲の人々に話すこともできないまま、裁判の準備をしなければならいた。事件後は通勤に地下鉄を使わず、30分余計に時間がかかるものの、バスに乗っている。


    チェさんは「精神的な被害が大きかったので虚偽告訴罪で警察官を告訴しようとしたが、弁護士に『公務執行上に起こったことだと難しい』と言われたのであきらめた」と語った。
     性犯罪事件に関して「無寛容の原則」が適用されている中、「公共の場における痴漢えん罪恐怖症」を訴える人も現れ始めている。公共の場での意図しない接触により痴漢にされてしまう恐れがあるからだ。

     今月6日、大統領府公式サイトの請願掲示板に「混雑した飲食店で、夫が痴漢呼ばわりされて訴えられ、懲役6月を言い渡された」という投稿があった。「被害者の陳述に一貫性があれば、細かい事実関係が違っていても排斥してはならない」というのが裁判所の見解だ。ソウル弁護士協会のホ・ユン弁護士は「被害者の陳述以外に証拠がない事件の場合、警察や検察が事件の方向性を決めることもある」と話す。この投稿はインターネット上で大きな話題になり、大統領府請願掲示板で二日間に20万人を上回る同意を得た。一部の男性たちが8日、無実の犠牲者の量産を防ぐことを趣旨とするインターネット掲示板を作り、12日には会員数が1000人を超えた。


    中には「地下鉄に乗ったら、手をひざの上に乗せてよく見えるようにする」「盗撮犯にされてしまう可能性があるので携帯電話は出さない」などの行動要領を共有する男性たちもいる。こうした現象は性犯罪増加が生み出した韓国社会の新たな一面だ。ソウル地下鉄で警察が摘発した性犯罪は昨年、合計1094件だった。これは、2015年の779件、16年の791件に比べて30%近い増加だ。警察が集中取り締まりを実施し、これまで訴えるのをためらっていた女性被害者たちが自らの声を上げたのも増加の一因だ。
     大多数が有罪判決を受けるが、一部の男性は警察によって性犯罪犯として逮捕されても、その後の裁判の過程で無罪となるケースもある。パクさん(46)は昨年8月、ソウル地下鉄1号線の中で警察に逮捕された。被害者キムさん(32)は法廷で「痴漢だとは思わない」とパクさんの味方をした。キムさんは「警察の方から動画を見せてくるまで、密着されていたことに気づかなかった。警察から『この男は複数の前科があり、処罰を受けなければならない』と言ってきた」と証言した。


    ところが、裁判所が確認した記録によると、パクさんには性犯罪の前科がなかった。
     日本でも十数年前、同じようなことがあった。2007年に地下鉄内である男性が痴漢容疑で逮捕され実刑判決を受けたが、最高裁で無罪となった。この事件は映画のモデルとなり、話題を呼んだ。日本では地下鉄内の性犯罪を防止するため、東京メトロではすべての車両に防犯カメラを設置すると昨年発表した。ソウル交通公社によると、9月現在のソウル地下鉄防犯カメラ設置率は30%に過ぎない。

     専門家らは「米国やスウェーデンのように被害者陳述評価専門家が捜査の初期段階から陳述と反応を比較し、信頼性を評価すべきだ」と指摘する。証拠が不十分になりがちな性犯罪の性質上、被害者の陳述の信頼度を高める必要があるからだ。性犯罪は加害者だとひとたび名指しされてしまうと、仕事や家族関係まで危機に陥る可能性があるため、部長判事を務めた経験のあるユン・ギョン弁護士は「虚偽告訴された個人が国に賠償請求するのは難しいだけに、逮捕や被害者の陳述確保に注意が必要だ」と話している。

    ウォン・ウシク記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2018092101717



    【【痴漢えん罪恐怖症】裁判所「被害者の陳述に一貫性があれば、細かい事実関係が違っていても排斥してはならない」】の続きを読む

    ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/24(月) 10:31:08.23

    (写真)



    秋夕(チュソク)の意味が『民族の大名節』から『ゴールデンウィーク』に変わっている。秋夕の伝統的・家族的ムードは次第に色褪せ、個人的・余暇的イメージが大きくなったせいである。

    特に若年層を中心に名節は連休という認識が広がっている。昨年の秋夕に実施したアンケート調査によれば、10人中6人が「秋夕は連休の一つ」という考えを表している。このような現代人の認識とライフスタイルの変化が秋夕の風俗図を変えている。

    ■ ホンチュジョク(“ 一人で秋夕を過ごす族 ”の略語)の秋夕
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    一人で秋夕を過ごす『ホンチュジョク』が名節の度に増加している。受験生や就活生などの非自発的ホンチュジョクだけではなく、自発的ホンチュジョクも増える傾向にある。これらの大部分は20〜30代の大学生や会社員で、名節に親戚の小言から避けて自分だけの時間を過ごす。

    最近、就職ポータルIncruit(インクルト)の調査によれば、回答者1106人のうち53%が今回の秋夕に帰郷の意思がないと答えた。その理由として、「会いに行く知り合いがいない(23%)」、「小言、ストレスが予想される(20%)」の順に数えられた。

    ホンチュジョクは長い連休期間を利用して、普段できない手術や施術を受けたりする。そのため眼科や整形外科は秋夕連休を迎えてパンチャク(きら☆きら)特需を享受する。この期間に売り上げは10%ほど増え、予約は2〜3週間前に締め切られる程だ。

    会社員のイ・ジスさん(27歳)は、「秋夕連休にラセック手術をする予定」と言いながら、「手術後の回復期間が必要なので連休に予定を決めたけど、秋夕に祖母の家に行かずに済んで一石二鳥だ」と話した。

    (写真)


    ▲ 昨年の秋夕連休、仁川空港が混みあう様子

    『民族大移動』の方向は故郷から旅先に変わった。名節の度に空港は旅行客で賑わっている。去る秋夕の際は約10日間のゴールデンウィークを迎え、秋夕当日だけで102万人が海外に旅に出た。前年比3.1倍増加した水準である。

    今年も多くの人々が秋夕連休に旅行に向かう事が予想される。仁川国際空港公社は秋夕連休期間である9月21〜26日に、合計118万3237人の旅行客が仁川空港を利用すると予測した。一日平均の旅行客は19万7206人で、歴代の名節期間で最も多いと予想されている。

    オンライン上では、「先祖の恩恵を受けた者は皆、海外旅行には行ってない」とし、国内に残って先祖に茶礼(祭祀)を行なう姿を自嘲する声も大きくなっている。

    ソース:NAVER/マネーS(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=417&aid=0000344777

    >>2
    につづく


    【【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景】の続きを読む

    動物園φ ★ 2018/09/24(月) 10:18:36.62

    機械翻訳

    「韓国ブロードバンドインターネットの速度の世界30位... 14階段下落」
    聯合ニュース 記事転送2018-09-24 07:02

    英「ケーブル」200カ国対象1億6千万回の実験... シンガポール1位
    韓国情報化振興院」の付加サービス事業者提供の速度比較であること」

    (ソウル=聯合ニュース)チェヒョンソク記者=韓国ブロードバンドインターネットの速度が世界30位の水準に落ちた分析が出た。

    24日、通信業界によると、イギリスの広帯域通信、モバイルサービス、TV、携帯電話の比較サイトである「ケーブル」は、米国のシンクタンクであるニュー・アメリカオープンテクノロジー研究は、Googleのオープンソース・リサーチ、プリンストン大プラネットラボ(PlanetLab)など、昨年6月から今年5月までに主要200カ国でブロードバンド通信速度を1億6千300万回以上のテストの結果を盛り込んだ「世界のブロードバンド通信(Broadband)速度リーグ2018」レポートを発刊した。

    試験の結果、韓国はインターネットの速度で200カ国のうち30位を記録した。

    これは昨年の順位16位から14ランク落ちたレベルである。

    韓国は昨年6月から今年5月までに19万8千867回テストした結果、平均ダウンロード速度が20.63Mbps(メガビット)であり、5GB高画質(HD)映画をダウンロードするのに通常33分6秒かかることが分かった。 昨年の調査時に速度22.9Mbpsより2.27Mbps遅くなり順位が大幅下落した。

    シンガポールは平均速度60.39Mbpsで、2年連続で世界最速の国に挙げられており、スウェーデンが46Mbpsで2位を維持した。

    ケーブルは、動的なデジタル経済と小さい領域が社会基盤施設の開発とFTTPの可用性などの面で、シンガポールの重要な利点を提供すると説明した。

    デンマークとノルウェーは、それぞれ1階段と3階段上昇して3位と4位に上がり、ルーマニアは13階段飛び上がり5位を占めた。

    日本は12位を維持したが、台湾と香港はそれぞれ14位と19位、11階段と10階段落ちた。 米国が20位、1階段上昇し、アフリカ諸国のマダガスカルはなんと67階段ジャンプし22位に上がった。

    イエメンは0.31Mbpsで最下位の200位を記録し、東ティモールとトルクメニスタンがそれぞれ199位198位だった。

    ケーブルは「トップ25カ国の速度が平均28.9%の高速化に対し、サブ25カ国は、平均7.4%上昇にとどまった」との格差がよりますます大きくなっていると分析した。

    しかし、韓国情報化振興院の関係者は、「韓国通信社のインターネットのダウンロード速度は、80?90mbpsが提供されますが、映画プロバイダなどの付加サービス業者がサーバーの容量などを考慮して速度を制限している」とし「研究結果が、純粋なインターネットの速度の比較ではなく、付加サービス事業者の提供速度で見ることができる」と説明した。

    http://news.nate.com/view/20180924n02126



    【【韓国】韓国のインターネット速度、世界30位 日本は12位】の続きを読む

    このページのトップヘ