動物園φ ★ 2018/07/22(日) 18:41:58.29

    <コラム>韓国と日本は、天と地の関係である
    木口 政樹
    配信日時:2018年7月22日(日) 15時10分

    「アーリラン、アーリラン、アーラーリーヨー」という「アリラン」。ご存じの方も多いことだろう。韓国の歌といえば、このアリランということになろう。地方ごとにジンド・アリラン、ガンウォンド・アリラン、ウルサン・アリランなどなど、このアリランにもいろいろのバリエーションがあり、歌詞もそれぞれにことなっている。

    活気のあるなかにもどこか哀愁をおびたメロディーは、韓国そのものといっていいかもしれない。アリランということばの意味は特にないらしい。かなり多くの人に聞いてみたが、みなその意味はわからないという。専門の学者によるといろいろの説があるそうだが、人々に聞いてみると「どういう意味かわからない」というのがおおかたの理解であるようだ。一般にもっともよく知られているアリランは「アリラン」とだけいう。ウルサン・アリランのようにアリランの前に形容のことば(主に地名)がつかない。本調アリランといったりもする。

    アリラン、アリラン、アラリヨ
    アリラン、峠をこえてゆく
    あたしを捨てていったひとよ
    十里もいかないうちに
    足の病気になってしまうことでしょ

    こういった歌詞で、けっこうきついことばが使われている。きついが、韓国レベルではこれくらいは並、普通なのである。

    韓国を代表するこのアリラン、歌の拍子は三拍子である。日本の場合、歌謡曲や民謡などもたいてい四拍子になっている。三拍子と四拍子のちがいも、韓国・日本の特徴的な違いの一つといっていいだろう。三という数字は、自然の摂理や原理と関係が深い。固体・液体・気体、色の三原色、三点で平面が決まり安定する。天・地・人ともいう。三は大自然、大宇宙を象徴した数と言えるかもしれない。

    四という数字は、大地に関係することが多い。東西南北といい、春夏秋冬という。大いなる大地を象徴する数が四。母なる大地というように、四は女性を象徴していると見ることもできよう。大地と対をなす存在は天。女に対して男。三に対して四。三拍子の韓国と四拍子の日本。韓国と日本は、天と地の関係である。

    韓国と日本が夫婦(めおと)になり子孫を生んでゆくという営みには、こうした潜在的な意味があるのかもしれない。そこまでは言えないにしても、日本と韓国が理解し愛し合い助け合ってゆくためには、日本と韓国の「結婚」がもっともパワーのあることである。島国日本は、今後、韓半島を通してアジアにつながりヨーロッパへ、そして世界へと伸びてゆかねばならない。韓国を妻と思い、夫と思って、愛し合いつきあってゆく気持ちが必要であるようにわたしは思うのである。

    https://www.recordchina.co.jp/b218766-s116-c30-d1116.html



    【島国日本は、韓国を妻と思い、夫と思って、愛し合いつきあってゆく気持ちが必要である】の続きを読む

    きゅう ★ 2018/07/22(日) 11:10:04.70

    【平壌7月19日発朝鮮中央通信】最近、国際原子力機関(IAEA)に姿を現せた日本外相の河野がIAEAの事務局長との会談で、日本政府が北朝鮮の核施設を査察するのに必要な初期費用を負担する用意があるだの、IAEAを支援するために核専門家を派遣する問題も考慮しているだのと出まかせにしゃべった。

    19日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、河野の言動はそれこそ、自分のやるべきことも知らずに無分別に振る舞う政治奸商の笑止千万な醜態であると糾弾した。

    同紙は、朝鮮半島問題を解決するためのこんにちの出来事的な政治・外交舞台で日本は、何の役割も果たせずにいるとし、次のように強調した。

    日本は、朝鮮半島と近い隣国である。

    しかし、朝鮮にとって日本は歴史的に戦乱と植民地支配の不幸と苦痛だけを被らせてきた白昼強盗であり、特大型の反人倫犯罪で塗られた過去に対する清算を執ように回避する一方、自分らの罪科を美化、粉飾する破廉恥漢であり、敵視政策をしつこく実施して朝鮮を圧殺しようとする千年来の敵である。

    朝日関係を敵対関係につくった責任は、全的に日本にある。

    日本が長期間にわたってわだかまっている朝日敵対関係を解決しようとする勇気がなければ、朝鮮半島問題に割り込む考えを捨てなければならない。

    日本がやるべきことは明白である。

    過去の罪悪から正しく清算すべきである。

    日本が財布をいくら熱心にちらつかせても、国際社会で戦犯、政治いびつと非難を受ける原因がここにある。

    日本がやるべきことは、一にも二にも過去罪悪に対する誠実な謝罪と賠償である。−−−

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf



    【【北朝鮮】日本がやるべきことは、一にも二にも過去罪悪に対する誠実な謝罪と賠償である】の続きを読む

    荒波φ ★ 2018/07/22(日) 13:50:58.01

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が22日、韓国の経済危機と民生破綻が深刻だと報道した。

    労働新聞はこの日、「南朝鮮(韓国)の経済危機と民生破綻に対する深刻な懸念」という見出しの記事で、「南朝鮮で経済危機が深刻化しており各界の懸念が高まっている。経済危機で多くの企業が倒産したり合併される中で労働者が無理に解雇され失業者に転落している」と伝えた。

    同紙は「南朝鮮で経済破局と失業事態はそのまま民生破綻につながっている。全般的な分野で物価暴騰が続き、これに対し住民所得は急激に減り社会二極化指標は過去最高を記録したという」と付け加えた。

    また「南朝鮮では民生苦が日増しに深刻化し、多くの人が『健康も愛も夢も希望も失った』と絶叫し他の国に離れているという。経済危機の中で企業経営に失敗した中小企業家、生活難に苦しめられて負債に追われた多くの人が社会現実を呪って自殺している」ともした。

    北朝鮮がこのように韓国側の低迷した経済状況を指摘するのは南北和解局面で住民らの韓国側に対する幻想を事前に遮断しようとする意図とみられる。

    慶南(キョンナム)大学極東問題研究所のイム・ウルチュル教授は聯合ニュースを通じ、「対内的な側面から見ると多方面的な交流がなされるなど南北和解の雰囲気の中で住民らが韓国側に対する過度な幻想や期待をしないよう遮断するための目的とみられる」と説明した。


    2018年07月22日13時14分
    http://japanese.joins.com/article/397/243397.html?servcode=500&sectcode=510



    【「企業は倒産し労働者は解雇」…北朝鮮に笑われる韓国の経済危機】の続きを読む

    このページのトップヘ