右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/01/27(日) 16:45:50.54

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が25日、「トランプ米大統領は、韓米自由貿易協定(FTA)や在韓米軍駐留経費負担問題について言及する時があるが、条件や金額など具体的な話をしたことは一度もない」と明らかにした。トランプ氏が、韓米首脳会談で文大統領に具体的な駐留経費の負担額を提示して迫ったという報道に「トランプ氏に対する冒涜だ」と強く反論した。

    金宜謙(キム・ウィギョム)大統領府報道官は同日、記者団に対して、昨年11月30日にアルゼンチンで開かれた韓米首脳会談で、トランプ氏が文大統領に在韓米軍の駐留経費負担として12億ドル(約1兆3500億ウォン)を要求したという報道に対して、文大統領がこのように話したと伝えた。

    特に文大統領は、「トランプ氏だけでなく世界各国のどの首脳もそのようには話さない」とし、「そのような報道はトランプ氏に対する冒涜になり得る」と述べた。

    文大統領が「冒涜」という異例の表現を使って、特定の報道に反論したのは、駐留経費負担増額の問題が韓米首脳間の問題になることを遮断するためとみえる。ただでさえ韓米当局が対立している駐留経費負担問題と関連して、確認されていない海外首脳の発言に対する報道を放置する場合、米国に不必要な誤解を招く恐れがある。大統領府関係者は、「韓米首脳関係に影響を及ぼしかねない事案」と述べた。

    一部で、韓米首脳が乗り出して、駐留経費負担交渉を急いで終わらせなければならないという主張が出ている中、首脳間の談判の可能性に線を引いたという見方もある。米国のハリス駐韓大使は昨年12月28日、大統領府を訪れ、「トランプ氏の主催でホワイトハウス首脳部会議を開き、最終決定した金額」とし、韓国の在韓米軍駐留経費の負担額として年間10億ドル(約1兆1300億ウォン)を提示したという。これに対して、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は、「1兆ウォン以上はならない」として9999億ウォンを提示し、負担交渉が停滞した状態だ。


    ムン・ビョンギ記者

    http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1621864/1
    東亜日報 26, 2019 08:10



    【【文大統領】「在韓米軍駐留経費負担の金額についてトランプ氏と話したことはない」】の続きを読む

    ザ・ワールド ★ 2019/01/27(日) 09:05:00.02

    落語家、立川志らく(55)が25日、TBS系情報番組「ひるおび!」(月〜金曜前10・25)に出演。

    「日本に『千年の恨みがある』って前の大統領が言っているぐらいですから。
    外交って言うものを履き違えているんですよね。捏造して、自分たちの正当性を高めるっていう昔からのやり方じゃないですか。

    国内でも王朝時代からそうですからね。自分たちの政権を維持するために前の王朝を徹底的に捏造してまで腐して、
    国民に正当性をってずっとやっているから、これはもうなかなか終わらないですね」と批判。

    韓国側は23日、日本の哨戒機が同日を含め、今年に入って3回威嚇飛行したと発表。艦艇から距離約540メートル、
    高度約60〜70メートルまで接近したとしているが、岩屋毅防衛相は「高度150メートル以上を確保していた」としており、
    主張が食い違っている。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20190125/geo19012511180027-n1.html



    【【韓国・威嚇飛行の画像公開】立川志らく「捏造して、自分たちの正当性を高めるっていう昔からのやり方」】の続きを読む

    蚯蚓φ ★ 2019/01/26(土) 20:37:24.21

    2019年1月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国与党・共に民主党の孫恵園(ソン・ヘウォン)議員が、韓国の螺鈿漆器(らでんしっき)の保存処理技術について「大きな問題がある」と指摘した。

    孫議員は23日、「国立中央博物館の人事に介入した」との疑惑に関する記者会見を行った際、韓国の螺鈿漆器の保存処理技術を問題視した。孫議員は「韓国は螺鈿漆器の修理を日本人に依頼している」とし、「日本は可逆的に修理するが、中央博物館には20年以上にわたり螺鈿漆器修理の間違った組織があり、韓国が螺鈿漆器を修理すると15世紀の遺物も新品のようになってしまう」と説明した。

    しかしこれに対し、韓国の保存処理専門家や学者からは反論の声が上がっているという。ある木材保存処理専門家は「日本では高麗螺鈿についての研究が多く行われていたが、主なテーマは文様と様式だった。漆の技法についての科学的調査は韓国の方でより多く行われた」と主張。また「中央博物館は文化財を保存、復元する際、可能な限り伝統の材料と技術を用いて国際的規範を守っている」と強調した。

    美術史を専攻したある教授も「螺鈿漆器の保存処理に詳しい職人が日本にいるとは思わない」とし、「日本では螺鈿より蒔絵が発達した」と述べたという。

    これを受け、韓国のネットユーザーからは「韓国の文化財を日本式で修理するなんてあり得ない」「韓国の親日派は日本=最高と思い込んでいる」「たとえ技術が劣っていても、韓国の技術者に修理させるべきでは?」「他の技術は日本に及ばないかもしれないが、螺鈿漆器は朝鮮半島のものだから日本に優れた技術があるわけない」など、孫議員の発言に不満を示す声が上がっている。

    一方で「韓国のどこに専門家がいるの?」「螺鈿漆器の専門家の意見は?これじゃあ生物専門家が科学博士の言葉を批判しているようなものだ」「韓国で螺鈿漆器はずいぶん前に消えた。専門家がいるとは思えない。『韓国の方が知識が多い』とか『あなたの知識では不十分』といった幼稚な主張を日本は笑ってみているだろう」「日本では工芸品を高く売っても買う人たくさんがいるけど、韓国は誰も買わない。だから修理技術も発展しない」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    ソース:レコードチャイナ<韓国の伝統文化財を日本人が修理?韓国議員の発言が物議>
    https://www.recordchina.co.jp/b682572-s0-c30-d0058.html



    【【韓国】「韓国が螺鈿漆器を修理すると15世紀の遺物も新品になる。修理は日本で」~韓国議員の発言が物議】の続きを読む

    このページのトップヘ