蚯蚓φ ★ 2019/01/27(日) 00:02:14.87



    ▲韓国の康京和外相(手前)と会談する河野外相=23日、スイス・ダボス(共同)

     河野太郎外相は25日の記者会見で、いわゆる徴用工判決をめぐり、日本政府が1965(昭和40)年の日韓請求権協定に基づき韓国政府に要請した2国間協議について「(両国間に)紛争が起きているのは明白なので、粛々と韓国側が応じるものと考えている」と述べ、要請を受けるよう重ねて求めた。

     河野氏は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と23日にスイスのダボスで会談した際にも「早期にこの問題を解決したい」と速やかに協議に応じるよう要請した。だが、康氏は韓国側の立場を述べるにとどまった。

     韓国の文在寅大統領は今月10日の記者会見で「日本の政治指導者らが政治的な争点としている」と安倍晋三政権を批判し、協議に応じる姿勢を見せていない。

    ソース:<河野外相「粛々と韓国側が応じるだろう」 徴用工判決の協議要請で>
    https://www.sankei.com/politics/news/190125/plt1901250032-n1.html

    関連スレ:【元徴用工訴訟】韓国、回答期限を拒否=「30日以内」日本の協議要請に [01/15] ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1547555865/


    【【徴用工問題】 河野外相「粛々と韓国側が応じるだろう」~徴用工判決の協議要請で[01/25]】の続きを読む

    蚯蚓φ ★ 2019/01/26(土) 20:58:52.42

     大阪府警は26日、大阪市内の製薬会社1社に青酸カリの入った封筒が郵送されていたと発表した。東京都内の製薬会社などに郵送されたものと同様に金銭を要求する内容で、府警は恐喝未遂容疑で捜査を始めた。

     府警捜査1課によると、封筒は25日午後4時ごろに届き、同日午後6時ごろ、社員が東署に届け出た。

     茶封筒にポリ袋入りの白色粉末とA4サイズの文書1枚が同封されており、宛名は製薬会社の代表取締役だった。差出人として北海道内の刑務所の住所と暴力団幹部の名前が書かれ、消印は東京都内で24日付だった。

     文書は「青酸カリを入れた偽物の薬を作って流通する。2月22日までに3500万ウォンをビットコインで送りなさい。送らないのなら悲劇が起こる」という内容。文末には「麻原彰晃」と死刑執行されたオウム真理教元教祖の名前が記されていた。

     府警は粉末を鑑定した結果、青酸カリと断定。都内の製薬会社や毎日新聞東京本社に郵送された文面と酷似しており、府警は同一犯の可能性もあるとみて調べている。
    【村田拓也、伊藤遥】

    ソース:毎日新聞<青酸カリ、大阪の製薬会社にも郵送 府警が捜査>
    https://mainichi.jp/articles/20190126/k00/00m/040/170000c



    【【国内犯罪】 「3500万ウォンをビットコインで送らないと悲劇が起こる」~青酸カリ、大阪の製薬会社にも郵送 府警が捜査】の続きを読む

    蚯蚓φ ★ 2019/01/26(土) 23:43:02.69




     韓国への不信感が頂点に達しつつある。同国国防省は24日、海上自衛隊の哨戒機が、韓国艦艇に低空接近して「威嚇飛行した」と主張する証拠として5枚の画像を公開したが、極めて怪しいのだ。軍事専門家は画像の疑問点を複数指摘する。ネット上では「捏造(ねつぞう)・改竄(かいざん)疑惑」まで広がっている。やはり、火器管制用レーダー照射問題の「論点ずらし」を狙った、韓国の十八番である「言いがかり」の可能性が高い。防衛省は口頭で否定するだけでなく、客観的なデータを国際社会に示して、断固対峙(たいじ)すべきだ。

     「韓国側が出してきた写真は、どれ1つとっても、証拠にはならない。まったく理解ができない。感情に訴えるプロパガンダ(政治宣伝)に他ならない」

     海上自衛隊呉地方総監などを歴任した、金沢工業大学虎ノ門大学院教授、伊藤俊幸元海将は、韓国国防省が24日に公開した画像について、こう言い切った。韓国側が公開した画像は、赤外線カメラで撮影した2枚を含む計5枚。韓国が管轄権を主張する東シナ海の暗礁、離於島(イオド)付近で23日午後2時ごろ、海自の哨戒機P3Cが、韓国海軍艦艇に低空接近し「威嚇飛行」をしたとする際に撮影したという画像だ。

     中には、韓国駆逐艦が装備するレーダーが測定したという、飛行中の哨戒機の高度が記された、とされる画像もある。だが、伊藤氏ら「軍事のプロ」が解析・分析した結果、いずれも哨戒機が低空飛行したとは言い難いものだった。まず、「海面が写った自衛隊機の写真」がない。海自哨戒機とみられる航空機と、通信アンテナとみられるマストが写った画像には、「艦艇の右舷通過時、高度60メートル」との説明が付いているが、海面が入っておらず、位置関係も不明で、哨戒機の機体(全長約35メートル)から高度を推定することができない。

     評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「韓国側の主張通りに高度約60メートルというなら、写真上で、哨戒機の機体を垂直にして2倍に伸ばしてみた場合、70メートル以上になるので、写真の真下に海面が見えていないとおかしい」と語る。そもそも、小型旅客機ほどの大きさがある哨戒機が海面すれすれで飛び続けることはあり得ない。

     次に、「赤外線写真」にも疑問がある。伊藤氏は「(昼間の撮影なのに)赤外線の画像を出した意味が分からない。実際は、夜間に撮影したものを加工したものではないか」と語った。赤外線写真の1枚は、巨大な機体が間近にあるような画像だった。潮氏は「白黒のズームの写真があるが、写真の下が海面だというなら、あんなに大きく機体が写るわけではない」と言い切った。

     哨戒機とみられる機体と、撮影日時だけが写っていたことの疑念も生じる。時事通信の報道によると、「韓国側のレーダーが哨戒機を探知した日時と、哨戒機が飛行した日時が同一であることを証明するためとみられる」と指摘したうえで、海自幹部は「赤外線画像には武器の選択に必要な自艦から探知目標までの距離・高度のデータが右下に表示されるはずで、日時だけの表示は不自然だ」と語っている。

     ネット上では「捏造(ねつぞう)・改竄(かいざん)疑惑」が広がっている。韓国側が公表したレーダー写真のうち1枚には、レーダーの航空機探知モード「Air」の文字とともに、「Ht 200 ft(高度200フィート=約60メートル)とある。だが、文字を拡大すると、「200」と「ft」の間に不自然なスペースがあるのだ。このため、ネット上では「2000フィート(600メートル)から『0』を消して200フィートにしたのでは」と、大騒ぎになっている。前出の潮氏も「スペースがあるのはおかしい」と語った。
    (中略)

     山田宏防衛政務官は、韓国の「威嚇飛行」との抗議を受け、「自衛隊機は通常通り、国際法と国内法にのっとり哨戒任務を遂行している。韓国の主張はデタラメで、自衛隊機は韓国軍艦に対しては通常の哨戒をするなと言うに等しく、わが国への冒涜(ぼうとく)。力なき正義は無力と肝に銘ずべし」と、自らのツイッターに書き込んだ。 その通りである。
    (後略)

    ソース:zakzak<韓国が画像“改竄”か!?『威嚇飛行』に5つの疑惑 防衛政務官「韓国の主張はデタラメ…わが国への冒涜」>
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190126/soc1901260005-n1.html

    関連スレ:【妄想低空威嚇飛行問題】韓国公表のレーダー画面に違和感[1/26]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1548503904/


    【【威嚇飛行】 韓国が画像“改竄”か!?『威嚇飛行』に5つの疑惑~防衛政務官「韓国の主張はデタラメ…わが国への冒涜」】の続きを読む

    このページのトップヘ