影のたけし軍団ρ ★ 2018/09/28(金) 09:08:52.52

    美容整形を目的に韓国の医療機関を受診した日本人が、昨年1年間で約6000人に上り、
    9年前の20倍近くに急増したことが、韓国当局への取材でわかった。

    距離的な近さや手術代の安さに加え、「Kポップ」アイドル人気が背景にあるとみられる。
    一方で、手術を巡るトラブルも起きており、日本の国民生活センターは「本当に必要かよく考えてほしい」と呼びかけている。

    「10日ぐらいで顔の腫れはひきます」

    ソウルの美容外科医院で9月上旬、韓国人医師が通訳を介して、夏休みを利用して神奈川県から訪れた大学1年の女子学生(18)に説明した。
    女性は鼻筋を3ミリ高くし、鼻の形を変える手術を受けた。

    「中学生の頃から低い鼻がコンプレックスで、顔に自信を持ちたかった」という。
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180927-OYT1T50134.html




    【韓国で整形の日本人、年6千人・・・9年で20倍に】の続きを読む

    @くコ:彡 ★ 2018/09/28(金) 14:22:38.65

    ・差別扇動と排外主義NO あす千代田で韓国語翻訳者らフェス

     家百田尚樹氏の講演会が、学内からの反対で中止になった。その後、学園祭の実行委員会に差別禁止ガイドラインの策定などを求めた市民グループ・反レイシズム情報センター(ARIC)の代表梁英聖さん(36)らに対し、ツイッター上で「反日」「日本から出て行け」などの差別や脅迫の書き込みが相次いだ。経緯を知った韓国映像翻訳「西ケ原字幕社」(杉並区)代表の林原圭吾さん(43)が、友人らに声を掛け、梁さんらによるトークや音楽、映画などのイベントを開催した。

     梁さんへの差別や脅迫の書き込みはいまだに収まっていない。この現状から今年もイベントの定着を目指して開催する。「2020年の外国人受け入れ」をテーマに、NPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」の高谷幸理事と梁さんが対談するほか、韓国の盧武鉉元大統領の歩みを描いた「ムヒョン〜二都物語」の上映、この映画の音楽監督を務めたチョ・ドンヒさんのライブなどを予定している。

     林原さんは「心無い人々とは違う姿を継続的に示していくことで、少しでも状況を変えることにつながれば」とし、梁さんは「目に見える形で抗議の意思を示してくれることは非常に心強い」と話している。




    2018年9月28日 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201809/CK2018092802000126.html


    【【東京】差別扇動と排外主義にNO「反日」「日本から出て行け」等の書き込みを受け あす千代田で韓国語翻訳者らがフェス】の続きを読む

    荒波φ ★ 2018/09/28(金) 09:37:54.43

    ブルームバーグ通信は26日「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国連で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の首席報道官になった」という見出しの記事を掲載した。

    記事には「金正恩氏は国連総会には出席しなかったが、彼を称賛する事実上の報道官を送った。それが文大統領だ」と記載されていた。実際に文大統領が韓国、米国、国際社会に向け金正恩氏の善意を伝える窓口のような役割を果たしていたのは確かだ。

    文大統領は米国と北朝鮮による核廃棄に向けた交渉を仲裁するという立場から、やむなく北朝鮮の立場に立って説明するケースも決して考えられないことではない。とりわけ米朝のように不信や誤解が根深い関係であればなおさらだろう。

    しかしそれも度が過ぎればその言葉の信頼性が失われ、そうなると仲裁者の役割を果たすことなど到底できないはずだ。

    文大統領は北朝鮮による核・ミサイル実験場の閉鎖について説明する際「北朝鮮の核ミサイルが米国の脅威になることは完全になくなった」と発言した。しかし北朝鮮は今なお数十発の核弾頭を保有しており、また移動式の発射台や大陸間弾道ミサイル(ICBM)もそのまま残っている。

    一国で安全保障政策に責任を持つ人間は相手の言葉をたやすく信じるべきではない。文大統領が金正恩氏の業績や人間性を高く評価しているのは確かだ。しかし金正恩氏は北朝鮮の3代続く独裁者であり、海外の空港で腹違いの兄を化学兵器を使って殺害し、その叔父を高射砲を使って跡形もなく粛正した。

    平壌の一部市民を除く北朝鮮住民は「人権」や「愛」などの言葉さえ知らないまま今なお悲惨な生活を送っている。

    韓国の大統領が海外メディアから「金正恩氏の報道官」などと呼ばれる一方で、新たに在韓米軍司令官に指名されたロバート・エイブラムス陸軍大将は「(監視哨所の撤収を含む)非武装地帯における全ての活動は国連軍司令官の所管だ」と発言した。韓国と北朝鮮の軍事合意に反する見方を堂々と表明したのだ。

    韓国国防部(省に相当)は南北間の軍事合意について「米国と52回合意した」と説明しているが「同意を得た」とは言っていない。また北朝鮮との合意によって韓国軍の対応能力が顕著に低下したとの懸念も根強い。仲裁外交も確かに必要だが、少なくとも一方的に北朝鮮の肩を持たないよう細心の注意も同時に必要だ。


    2018/09/28 09:16
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/28/2018092800665.html



    【【朝鮮日報】海外メディアに「金正恩氏の首席報道官」と皮肉られる文大統領】の続きを読む

    このページのトップヘ