2018年05月

    たんぽぽ ★ 2018/05/25(金) 18:27:39.03

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000071-wow-int
    WoW!Korea

    25日午前、ソウル・光化門(クァンファムン)広場で2018Women Peace Walk組織委員と関係者らが、予定通り米朝首脳会談を開催するよう要求するデモをおこなった。

     これを前に去る24日、ドナルド・トランプ大統領はホワイトハウスを通して、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長宛ての書簡を発表。来月12日に予定されていた米朝首脳会談を「適切ではない」として中止を発表した。



    【【韓国】「米朝首脳会談」開催を要求するデモ=ソウル市】の続きを読む

    影のたけし軍団ρ ★ 2018/05/25(金) 16:39:00.31

    北朝鮮は24日、咸鏡北道(ハムギョンブクト)吉州(キルチュ)郡の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場を爆破した。
    北朝鮮政府のある幹部はこの実験場について、「すでに廃棄されていたもの」だと指摘。
    爆破については「金正恩時代の核戦略システムの完成を宣言するイベントでしかない」と述べた。

    これは中国から連絡が取れた北朝鮮の幹部が20日、語ったものだ。

    この幹部は「金正恩党委員長は豊渓里の核実験場の廃棄を宣言したが、その際に『朝鮮民主主義人民共和国の核実験場』ではなく
    『北部核実験場』と述べたことについて世界は注目すべき」だと主張した。

    この幹部によれば、北朝鮮は当初、豊渓里の核実験場について「北部核実験場」ではなく、「東海(東海岸)地区の核実験場」
    という名称を使う方針だったが、「北部核実験場」に変えることで、南部のどこかに別の核実験場が存在することを示唆したのだという。

    では、「南部核実験場」は実在するのか。それと目されているのは、江原道(カンウォンド)板橋(パンギョ)郡の梨上里(リサンリ)から、
    隣接する黄海北道(ファンヘブクト)谷山(コクサン)郡の新谷(シンゴク)貯水池(1965年完成)を結ぶ水路だ。

    この地域の水路としては、臨津江(リムジンガン)の支流の水を周囲の420万平米の農地に供給するとして2005年3月に着工、
    2009年9月に竣工したと発表された「ミルボル水路」がある。この幹部は「2013年から朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の部隊が動員されて
    滅悪(ミョラク)山脈を貫いて建設した」と述べている。建設時期が異なるため、ミルボルとは別の水路である可能性がある。
    軍事境界線からは、直線距離で50〜60キロのところにある。

    幹部は「梨上里周辺に貯水池と水路の建設を始めたころから、軍事用途だという話が多く聞かれた」と述べ、
    「貯水池の水門を閉じれば、水路から水を抜くことができ、小型化された核兵器の実験ができる」と説明した。

    滅悪山脈は、馬息嶺(マシンリョン)山脈と彦真(オンジン)山脈に囲まれており、海抜1000メートルを超える山がいくつもある。
    山脈には装甲車や武器を隠蔽するための洞窟が多く存在し、そこも核実験場として使用可能だと付け加えた。

    これと関連し、朝鮮人民軍筋は「2013年5月に非公開で行われた軍需工業大会で軍事近代化5カ年計画が採択された」
    「今年8月に完了する軍事近代化5カ年計画の最終課題は、三池淵(サムジヨン)戦時司令部に小型原子炉を設置すること」だと述べた。

    両江道(リャンガンド)三池淵にある金正恩氏の胞胎(ポテ)別荘は、山脈を貫いて建設した地下司令部とつながっており、
    そこに小型原子炉を設置すれば、金正恩氏は米国から核攻撃を受けても生き残り、核兵器で反撃する余裕も持てるとのことだ。

    またこの幹部は、金正恩氏は自身の誕生日である今年1月8日、国家科学院を現地視察したが、
    その目的は戦時司令部に設置する小型原子炉だったとし、豊渓里核実験場の爆破行事は、核戦略体系の完成を知らせる金正恩式の宣言式だと強調した。
    https://dailynk.jp/archives/110710



    【【軍事】 北朝鮮幹部 「8月までに戦争準備が完了する」】の続きを読む

    たんぽぽ ★ 2018/05/25(金) 11:49:58.43

    http://www.recordchina.co.jp/b590309-s0-c10-d0000.html

    2018年5月25日、米国のドナルド・トランプ大統領が24日(現地時間)に米朝首脳会談を突然キャンセルしたことをめぐり、韓国政府と中国政府への事前通告はなかった可能性がある。ニューシスなど複数の韓国メディアが伝えた。

    報道によると、米国のマイク・ポンペオ国務長官は24日、上院外交委員会で韓国を含む他国政府への米朝首脳会談キャンセルの事前通知の有無について「ホワイトハウスが適切な時に述べる」と語り、明言を避けた。また「(トランプ大統領が)会談キャンセルの決定を下した後、中国の役人とは話していない」とも述べたという。これについて、ニューシスは「中国政府にも事前に通知しなかったことを示唆している」と伝えている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「米国、よくやった」「中国を後ろ盾にして北朝鮮は調子に乗っていたからな」など、米朝首脳会談をキャンセルした米国を支持する意見が寄せられている。一方で「米国のやり方は過激過ぎる」「何を考えているんだろう?」など理解に苦しむという声も寄せられた。

    また「文大統領、こういう時こそ頑張ってくれ」「頼みの綱は文大統領しかいない」など文在寅(ムン・ジェイン)大統領に現状の打開を願う意見とともに、22日に米韓首脳会談が行われたことを挙げ「文在寅は米国に行って何をしてきたんだ」とその外交手腕に対する疑問の声も見られた。

    その他「コリアパッシングだな」「そもそも米朝間の問題。韓国に知らせる必要はないだろう」などとするコメントも見られた。(翻訳・編集/三田)



    【【韓国】突然の米朝首脳会談中止、韓国大統領府への事前通知はなかった?=「コリアパッシングだ」「文大統領は米国で何をしてきた?」】の続きを読む

    動物園φ ★ 2018/05/25(金) 11:46:32.06

    <米朝会談中止>トランプ氏「対話待つ」
    5/25(金) 11:13配信
    毎日新聞

     【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは24日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てたトランプ米大統領の書簡を公表し、首脳会談中止の方針を明らかにした。書簡は、ここ数日の北朝鮮側の「怒りとあからさまな敵意」を受け、現時点での会談開催を「適切でない」などとした。

     トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「会談の予定を抹消した。北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と述べた。北朝鮮が「向こう見ずな行動」を取った場合について「米軍はかつてないほど準備できている」と強調。軍事行動の必要が生じた際には「日韓両国も財政負担も含めたコストを背負う用意がある」と語った。

     一方で「金正恩が建設的な対話と行動を選ぶのなら、私は待っている。いろいろなことが起こりうる。会談が予定通り開かれたり、後日開催されたりする可能性もある」と、対話の扉を閉ざさない姿勢を示した。

     ポンペオ米国務長官は24日、上院外交委員会の公聴会で、ここ数日間、首脳会談に向けた北朝鮮との交渉チャンネルが不通になっていたことを明らかにした。米政府高官は記者団に、対話再開など今後の対応について「ボールは北朝鮮側のコートにある」と述べた。トランプ氏が示唆した「予定通りの会談開催」の可能性については「6月12日は10分後に等しい」と否定的な考えを示した。

     高官によると、トランプ氏は金委員長への書簡を「一語一句を自ら口述し」作成した。書簡送付後、日本や韓国に会談中止を連絡したという。

     書簡では、首脳会談の事前折衝における北朝鮮側の「忍耐や努力」に「おおいに感謝する」とし、「あなたと会うことを楽しみにしていた」と述べた。米国人3人の解放についても北朝鮮側の「美しい意思表示だった」と評価した。しかし、現時点の会談は適切でないとし「我々の核はとても大量で強力なため、使用されないことを神に祈る」とけん制した。

     一方で、トランプ氏は「いつかあなたと対面できることを期待している。もし首脳会談について考えが変われば、いつでも連絡をしてほしい」と金委員長に呼びかけている。

     首脳会談をめぐっては、北朝鮮の崔善姫(チェソニ)外務次官が24日、ペンス米副大統領が米テレビ番組で軍事的対応を排除しない姿勢を示し「リビアのように終わる」と発言したことを非難する談話を発表、ペンス氏について「いかに政治的に愚鈍な間抜けであるかは察するに余りある」などとしていた。また、核問題の交渉を統括してきた金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官も16日に「(首脳会談を)再考せざるを得ない」と表明していた。

    https://mainichi.jp/articles/20180525/k00/00e/030/271000c



    【トランプ氏「軍事行動の必要が生じたら日韓両国も財政負担を背負う用意がある」】の続きを読む

    たんぽぽ ★ 2018/05/25(金) 10:21:29.78

    https://this.kiji.is/372515169878115425
    2018/5/25 07:41

     【北京共同】北朝鮮の金桂冠第1外務次官は25日、トランプ米大統領が米朝首脳会談中止を通告したことに遺憾の意を表明し「われわれはいつでも向かい合って問題を解決する用意がある」との談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。



    【【北朝鮮】「米国と向き合う用意ある」と北朝鮮高官】の続きを読む

    このページのトップヘ