2018年05月

    ろこもこ ★ 2018/05/31(木) 14:15:59.66

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00030733-hankyoreh-kr

     「金正恩は核を放棄しないだろう」という論理で、絶えず朝米交渉を揺さぶるソウルとワシントンの強硬派の見解は公正でない。北朝鮮の真正性同様に米国の体制の安全保証の約束もまた完全でないことを理解するならば、双方が一定のリスクを甘受して交渉を推進することに反対する名分はない。

     30日、ほとんどすべての新聞・放送で報道された「アメリカの声」(VOA)記事の結論は一文に要約できる。「北朝鮮は決して非核化しないだろう」。米国の朝鮮半島専門家30人を対象にアンケート調査をしたところ、回答者の大多数が「北朝鮮の非核化意志は信じられず、交渉を通じて非核化を成し遂げることは難しい」と答えたという内容だ。事実、このような展望は目新しいものではない。米国のみならず韓国にも「金正恩(キム・ジョンウン)が核を放棄するなら、腹でも切る」という思い込みが野党や保守マスコミを中心に広範囲に根をおろしている。

     交渉批判者たちは、最初は南北信頼回復を基にトランプ大統領を説得し、朝米直接交渉を引き出そうとする文在寅(ムン・ジェイン)大統領の努力を「純真で北朝鮮にだまされている」と非難した。そのうちに南北首脳会談を契機にトランプが朝米首脳会談に積極的な態度を見せるや、批判の焦点が変わった。今度は北朝鮮の“トリック”にもてあそばれるのがトランプになったためだ。その代わりに、シンガポールでの朝米首脳会談がそれなりに成功しても「北朝鮮の完全な非核化まで行くことは難しい。結局、朝米交渉は途中でこわれるだろう」と批判している。

     交渉の終わりは誰にも分からない。しかし、金正恩・北朝鮮国務委員長の真正性と非核化意志を疑い続けて非難する人々が見逃していることが一つある。誰でも知っているように、朝米交渉の核心は「非核化と体制の安全保証の交換」だ。北朝鮮の「非核化の真正性」を疑うならば、米国が北朝鮮に対してする「安全保証の真正性」もまた疑ってみることができる。いくら米国が“良い国”だという信念を持っていようが、正確な展望のためには一回ぐらい北朝鮮の立場で「核を放棄するならば、米国の体制保証の約束はどうして担保できるだろうか」という質問を考えてみる必要がある。

     「体制の安全保証」は、言葉や紙(宣言または協定)ですることで、「核放棄」は行動(核弾頭・大陸間弾道ミサイルの除去)ですることだ。冷静に見れば、行動よりは言葉の真正性を疑う方がさらに容易だ。北朝鮮の非核化の原則として“CVID”(Complete,Verifiable,Irreversible Dismantlement. 完全で検証可能で復元不能な廃棄)という用語をよく使うが、実際に“復元しやすい”(reversible)のは、行動ではなく言葉や文書だろうからだ。

     しかも、米国が平壌(ピョンヤン)に連絡事務所を設置して、北朝鮮と不可侵条約を結ぶからといって「北朝鮮の体制の安全」が全て保証されるわけでもない。先日、北朝鮮は脱北者団体のビラ散布と、テ・ヨンホ元駐英公使の記者会見を問題視して、韓国政府を非難した。板門店(パンムンジョム)宣言に含まれた「相互敵対行為禁止」の精神に反したということだ。しかし「表現の自由」を重視する韓国政府としては、脱北者団体の活動やテ・ヨンホ氏の発言をむやみに禁止することは難しい。米国はそれ以上だろう。北朝鮮に対する不信が広範に広まっている今、ワシントンの雰囲気ではトランプが朝米交渉を成功裏に導いても、議会または民間次元で反北朝鮮活動が静まりはしないだろう。こうしたすべての負担を抱いて、北朝鮮が米国との協議にはいったという事実だけは評価しなければならない。

     もちろん、かと言って北朝鮮の非核化意志を信じることができるかというのは別の問題だ。ただし、二つのことは明らかだ。まず、「金正恩は核を放棄しないだろう」という論理で北朝鮮の真意を絶えず疑って、朝米交渉を揺さぶるソウルとワシントンの強硬派の見解は公正でないという点だ。すべての交渉は、その終わりが見える時まで、いつでもこわれうるという不完全性を内包している。北朝鮮の真正性と同様に米国の北朝鮮に対する体制安全保証の約束もまた完全ではないことを理解するならば、双方が一定のリスクを甘受して交渉を推進することに反対する名分はない。

     もう一つは、米国の「体制安全保証」にそのようにこだわって「段階的進展」を要求する北朝鮮の態度が、ごり押しではなくある程度は理解できる部分があるという点だ。トランプ行政府がパリ気候協約から脱退し、イラン核合意を簡単に破棄したことを見れば、国際社会との約束を破りうる国は世界に米国しかないだろう。

    以下ソース



    【【ハンギョレ新聞】それなら「アメリカの約束」は信じられるのか?】の続きを読む

    動物園φ ★ 2018/05/31(木) 16:53:56.02

    5/31(木) 16:50配信
    産経新聞

     菅義偉官房長官は31日の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館近くの歩道上に市民団体が置いたままにしていた「徴用工像」を地元自治体が強制撤去したことについて「韓国側の対応を評価したい。引き続き、かかる像が総領事館前には設置されないよう、しっかりと注視をしていきたい」と述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000564-san-pol



    【菅義偉官房長官「韓国側の対応を評価」 釜山の徴用工像強制撤去】の続きを読む

    荒波φ ★ 2018/05/31(木) 10:55:57.86

    FIFAホームページで韓国代表のユニホームが「日本ユニホーム、応援服」と誤って紹介されている。(写真=徐敬徳教授チームのキャプチャー)



    国際サッカー連盟(FIFA)が軍国主義の象徴である旭日旗を登場させたのに続き、韓国代表チームのユニホームを「日本チーム」と紹介し、韓国で批判の声が出ている。

    「戦犯旗退治キャンペーン」をしてきた徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授チームは31日、「あるネットユーザーの情報提供で韓国チームのユニホーム販売ページにFeatured Japan jerseys(日本代表ユニホーム)とFeatured Japan gear(日本代表応援服)と誤って紹介していることを確認した」と明らかにした。

    徐教授は「他の本大会出場国の紹介はすべて正しいが、唯一韓国代表チームだけが間違って紹介されていた。抗議のメールをFIFA側に2回も送ったが、まだ修正されていない」と説明した。

    これに先立ち徐教授チームは27日、ロシアワールドカップ(W杯)公式ユニホーム販売ウェブサイトに旭日旗の模様が入ったシャツが販売されているのを確認した。

    FIFAは以前にもロシアW杯公式主題歌のミュージックビデオとFIFA公式インスタグラムに旭日旗が登場することに韓国ネットユーザーから抗議を受け、該当場面を変更したことがある。

    2014年10月にも公式月刊誌の表紙に旭日旗を使用し、日章旗に入れ替えている。

    徐教授は「ネットユーザーと共に民間レベルでのさまざまな活動をし、戦犯旗の使用事例をかなりなくしたが、この程度なら大韓サッカー協会が公式にFIFAに抗議すべきだと考える」と述べた。

    徐教授は「FIFAは処罰規約64条に基づき、相手チームを侮辱したり政治的と認識されるスローガンを出す行為を禁止している。なら、協会は当然、戦犯旗に関連して強力な措置を取らなければいけない」と話した。


    2018年05月31日10時01分
    http://japanese.joins.com/article/872/241872.html?servcode=600&sectcode=610

    関連スレ
    【徐敬徳】日本の『戦犯旗』がFIFAワールドカップのユニフォーム販売サイトに登場[05/27]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1527386543/


    【サッカー韓国代表ユニホームを「日本チーム」として販売したFIFA】の続きを読む

    たんぽぽ ★ 2018/05/30(水) 11:49:42.23

    http://news.searchina.net/id/1660289

     日本と韓国は共に経済発展を遂げ、都市部の発展度合いにおいては日韓では大きな差は感じられない。しかし、各国がお互いに対して抱く評価には違いがあるようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、米国のQ&AサイトであるQuoraに対して韓国人が投稿したという質問と、寄せられた意見を紹介する記事を掲載した。

     その質問とは、「日本と韓国は同程度に発展した国なのに、中国人が日本だけ敬服するのはなぜか」というものだ。この質問に対し、中国人ネットユーザーからはどのような意見が寄せられたのだろうか。

     ある中国人は、「日本は経済的に発展を遂げても礼儀正しく謙虚で、独自の風格を終始保ってきたが、韓国人は経済成長を遂げた後、優越感や高慢な態度を示すようになった」と主張した。また、別の意見も日本と韓国の気質の違いを指摘し、「日本人は公共の場所で静かさを保ち礼儀正しいが、韓国人は中国人と同じく騒がしい」とし、韓国を見下しているのではなく、日本の文化や社会倫理のほうが好感を感じるのだと主張した。

     他には歴史的背景ゆえに中国人は日本人に好意を持てないが、「心のどこかで日本人を尊重している」という。なぜなら、日本はアジア各国の理想的なモデルと見られ、仕事への取り組み方や環境保護、価値観を追求する姿といった点で尊敬に値するからとした。しかし、韓国は独自のものを持たず「文化は中国を模倣し、経済は日本を模倣した」と主張する意見もあったと紹介した。

     寄せられた意見がすべての中国人の意見を反映しているわけではないが、現在の中国が必要とするものを日本が持っていて、韓国は中国と似ている部分が多いがゆえに、敬服する気持ちまでは生じないという理由があるのかもしれない。(編集担当:村山健二)



    【韓国人の疑問「日韓は同程度なのに、中国人が日本だけ敬服するのはなぜ?」】の続きを読む

    動物園φ ★ 2018/05/31(木) 08:40:57.91

    ソース
    真実と暴力の隠蔽 2018年 06 月号 [雑誌]: 月刊紙の爆弾 増刊 雑誌 2018/5/28

    一部内容



    【しばき隊員が衝撃暴露「リンダは『誰とヤった、これとヤった』と自慢している」】の続きを読む

    このページのトップヘ